大阪アシストサービスは皆様の暮らし廻りのお手伝いを致します。

草刈りや枝きりなどお庭の手入れ

剪定の時期について

いつ切ればいいかよくわからないそんな疑問にお答えします。
美しく健康的なお庭を維持するためには、定期的な剪定が必要です。庭木の種類によって、最適な時期が異なるため注意が必要です。
私はそんなこと気にしない切りたくなったら切る、伸びてきたら切るなど家主の方の自由ですが、適さない時期に行ってしてしまうと樹木の健康を害してしまい最悪枯れてしまうこともございます。
樹木は大まかに分けると常緑樹・落葉樹・針葉樹に分かれそれぞの種類によって大まかに適した時期を判断することができます。

常緑樹の剪定時期の目安

四季を通じて幹や枝に葉が付いていて一年中緑の葉を保っています。おもに「クスノキ」「ゲッケイジュ」「キンモクセイ」「サザンカ」「ツバキ」「サツキ」「カシ」などが該当します、この種類に適した剪定時期は5~7月の新芽が出る前の暖かい時期です。常緑樹は寒さに弱いため寒い時期のは避けましょう。

落葉樹の剪定時期の目安

常緑樹とは対照的な落葉樹の多くは冬になると葉を落とし休眠期に入ります。おもに「ケヤキ」「サクラ」「もみじ」「梅」など、この種類の最適な時期は11~2月の休眠時期に行います。但し花や実等を鑑賞する種類によっては剪定時期が異なりますのでそれぞれ確認する必要があります。

針葉樹の剪定時期の目安

葉が針のように細長いく観賞用だけでなく森林資源となるものが多い針葉樹。おもに「松」「杉」「ヒノキ」など、この種類の最適な時期は5~7月の新芽がでる前に実施するといいでしょう。

大阪の皆様の剪定代行致します

我々ボイルアップにお任せいただければお客様のお庭を美しく仕上げます。作業に伴う枝や葉などの処理に困ることもなく、ついでに草刈りや不用品処分などもあわせてお手伝い致します。